ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

タグ:車 ( 33 ) タグの人気記事

三人よれば文殊の知恵!っも出るけどでももめるよね。

新しく登場したVWのビートルが、なかなかカッチョ良い!

実際の居住性までは犠牲にしちゃいないんだろうけど、その昔かりふぉ〜にあで流行ってたチョップドルーフみたいなデザイン処理で、ウィンドウが薄く見える。

それと逆に、いかにも最近の車らしく大径のタイヤを履いているので見た目の重心が低くてドッシリ感もあり。

なんだかよく解らんが、なぁんかカッコ良いじゃないのさ。

そのうちハイブリッドとか、出るのかもね。
[PR]
by atelier_cube | 2011-09-14 08:22 | 趣味

カップ焼きそばのお湯は2分20秒で捨てる方が絶対美味しい!

世界一過酷な、ある意味でのモータースポーツの最高峰である『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』。
これは、ロッキー山脈にあるパイクスピークって名の山の2,861mからスタートし、4,301mの山頂を目指して約20Kmのコースでひたすら駆け上る速さを競うレースです。

富士山より高いところなんで当然酸素も薄く、メカニックにとっても吸気系のチューニングは頭を悩ますところ。

で、今年も優勝して6年連続の頂点に立ったのが、スズキの”モンスター田島”。
アメリカで尊敬を込めてそう呼ばれている、おんとし60歳(!)の田嶋伸博選手は、そのビジュアルもまたモンスターっぽいんすけども。

とりあえず男の子なんで、俺もモータースポーツは大好き!
[PR]
by atelier_cube | 2011-07-02 19:27 | 趣味

それやるからには絶対負けちゃダメ

最新のフェラーリは、最先端のIT技術の塊でもある訳で…。

3回生まれ変わっても買えないだろうけどさ。
[PR]
by atelier_cube | 2011-06-07 14:36 | 趣味

男って車の運転とSexには見栄を張る生き物

マジ?
クヒオ通りに出店?!

リアルに動き始めるプロジェクトなら俺、もちろん行きますっ!
2ヶ月間の常駐監理もヘッチャラですってばぁ〜っ!

神様、どうか実現しますように…。

で、スーパーカー世代には懐かしのDe Tomaso Pantera。
ついに復活〜っ?
やっぱアメリカンV8搭載なのかね?
[PR]
by atelier_cube | 2011-05-09 19:07 | 雑感

すぅぱぁかぁ〜。

1974年、「サーキットの狼」をきっかけとして日本中を席巻したスーパーカーブーム。
当時中学生だった俺は、まともに排ガス喰らっちゃったなぁ〜。

…なぁんてことが懐かしくフラッシュバックした日曜日の午後。
c0132245_181899.jpg

というのも、鳴門の大毛島にある展望台の駐車場に停まってた、黒いランボのディアブロを見たから。
他にも、シルバーのディアブロSVと黄色いムルシエラゴのロードスター、シルバーの911ターボも。

友人とベンチに座ってしばらく眺めてたんだけど、やがて皆さん三々五々、バラバラに何処かへ走っていっちゃいました。

面白いのは、どの車もみんな1stギアでえらく引っ張って走ってったこと。
やっぱり、「この音がたまらんっ!だろ、なっ?なっ?」ってことなのかしら。
[PR]
by atelier_cube | 2010-12-14 18:18 | 雑感

VIVA ! 割引 !!

いつもの修理工場に、空きが出来るのを待ち続けて1ヶ月。
やっと車を取りに来てもらい、いよいよ車検だ。

高速道路の土日祝日割引の恩恵を受けるために、今回は再び構造変更をして3ナンバーに戻す。

簡単に試算すると、現在の1ナンバーとの差額で年間4万円程度の割引に該当すれば、それから先は「得をする」という計算なのだが…。

例えば、徳島⇄高知なら6往復。
徳島⇄神戸だと5往復。
少し足を伸ばして徳島⇄名古屋で4往復。
c0132245_21292536.jpg

1年でそれぐらいなら、利用するかな。
多分、利用するだろうな。
うん、絶対利用する。

ってか、利用しなきゃ!
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-25 21:29 | 雑感

おにぎりPower!

その昔、ロータリーエンジンを搭載したバイクが存在した。

多分、最も有名なのは「Van Veen OCR1000」。
MOTO GUZZIのフレームに、「Citroen GS Birotor」と同じ水冷横置き2ローターのComotor624エンジンを搭載したモンスターマシンだった。
c0132245_21334281.jpg

中学生の頃、少年ジャンプで連載していた村上もとかの「熱風の虎」で初めてそのロータリーバイクを目にした俺は、すっかりそのマシンの魅力の虜になってしまった。

そして、その頃手に入れた「月刊オートバイ」か何かの雑誌の折り込みポスターを壁に貼って、毎夜その「Van Veen OCR1000」を眺めながら、空想の世界へとツーリングしたものだった。

時は流れ、僅か37台しか製造されなかった、その幻のロータリーバイクに跨ることはついになかったが、それから 10数年後、俺はロータリーエンジンを長いノーズに収めた「MAZDA SAVANNA RX-7 CABRIOLET」を手に入れることになる。
c0132245_21342232.jpg

[PR]
by atelier_cube | 2009-06-23 21:35 | 趣味

二度手間

俺の愛車は本来3ナンバーベースの四輪駆動車なのだが、排気量が5.2Lもあるので税金がバカ高い!
なので、少しでも節税できるようにとキャンピングカーの仕様で登録し、8ナンバーを付けていた。

しかし昨年の車検時、毎年車検を受けなければならなくなるものの、それでも2年毎の通算では8ナンバーよりも車検代+税金を低く抑えられる「普通貨物車」、つまり1ナンバーに構造変更して車検を受けてしまっていた。
c0132245_11425172.jpg

ところが、これが大失敗!

おかげで今回の、高速道路の通行料金が最大で50%OFFまたは上限1,000円という「休日特別割引」が適用されなくなってしまっていたのだ。

確かに、昨年の車検時にはそんな話は影も形もなかったのだから、入れ知恵をした修理工場の社長も、まんまとそそのかされた俺にも罪はない。
でも、悲しい・・・。

それならばという訳で、今年の車検を2ヶ月ほど前倒しして、今度は普通の3ナンバーへと戻すことにした。

「休日特別割引」は2011年3月27日までの期間限定とはいえ、3ナンバーになって税金が上がる分は充分に取り戻せるし、その後は環境と財布に優しいエコカーに乗り換えれば良いのだから。
[PR]
by atelier_cube | 2009-04-28 11:41 | 雑感

ぷろふぇっしょなりぃ〜

不調を訴えていた愛車のウォーター・ポンプを新品の物に交換し、夏場のオーバーヒートを避けるためにラジエターのクーラントを夏用のに入れ替え、ついでにエアコンのガスもしっかり充填し、すっかり固くなってしまってキュルキュルと不協和音を奏で始めていたファンベルトも切れる前に新しいのと交換し、減っていたエンジンオイルを入れ足して、さらにタイヤのローテーションまでやってもらって、作業完了まで1泊2日で約24時間。

その間、修理工場の社長が普段の足に使っているBMWを代車にと貸して貰ったのだが、これがまた、すこぶる具合が良いではないか。
c0132245_035161.jpg

走行距離は10万Kmをいくらか超えているので、多分10年余りは経過した車なのだろうが、エンジンも足回りにも全く経年による衰えを感じないのだ。

自分が乗るもんだからって、社長のK氏、スペシャルに整備の手間を掛けているのかも知れない。

それにしても、やはりドイツ車はしっかりと作り込んでいるなぁという印象はある。
それは、俺が24〜5年前に乗っていたBMWにも確かにあった同じ感覚だ。
c0132245_045058.jpg

さすがに、太ったメキシカンの工場長がコロナビール片手に検品しているようなアメ車じゃ、この精緻さは出せるはずがない。
まぁ、これは俺の勝手な思いこみではあるが・・・。

2日間をこのBMWのフール・プルーフな快適さと過ごすうち、このまま車を交換してくれてもいいのにとの思いが頭をよぎったが、修理の終わった愛車のデュランゴを走らせてみて、2日前との違いに気付いてはっきり解ったことがある。

やはり車は整備士の腕次第だということ。

"Gr Gott ! Herr K !
[PR]
by atelier_cube | 2009-04-11 00:04 | 雑感

comeback again!

80年代の半ばから90年頃まで、日本でも放送されていた「特捜刑事マイアミ・バイス」。

主人公のソニー・クロケットは、ハーバーに係留したヨットで暮らし、公私の足として黒いデイトナ(米マクバーニー社製のレプリカだったが、これはこれで格好良く見えた)を乗り回し、さらに1000馬力のウェルクラフト・スカラブのパワーボートも所有する。
ファッションはベルサーチで、裸足にパチョッティのスリップオン。
このあたりは、石田純一が未だに引きずっているバブリーなアイコンだ。

当時の日本はバブル景気の絶頂期にあり、このドラマで使われていたファッションや車などのガジェットを簡単に手に入れることが出来る人々も、巷には多く存在していた、らしい。

今では到底考えられないが、当時はドラマの中のそんなライフスタイルを少なからぬ憧れの目で見ていたものだった。

良い時代だったなぁ・・・。
[PR]
by atelier_cube | 2009-01-14 00:12 | 雑感