ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

タグ:アメ車 ( 16 ) タグの人気記事

文字では伝わらないものがある…というわりには言葉でも伝わらないことって思いのほか多いよね

普段は全く問題なく機嫌良く走ってくれてる愛車も、年式でいうと今年で13年落ち!
オドメーターも9万マイルを超えている。

そろそろ買い替えた方がいいのかも知れないけど、ほんとに欲しい車は高くて買えそうにないし、かといって手の届きそうな価格帯には購買意欲をそそるようなものがない。
好きなんだかどうなんだか自信のないものを妥協して買っても、すぐに飽きちゃったんでは車も俺も切ないし…。

なので、エンジンのオーバーホールと全塗装をして、あと4〜5年乗り続けるってのも一案かもなぁ〜なんて考えてる今日このごろ。
ブタ鼻のデュランゴ、案外気に入ってんだよね。
c0132245_1830224.jpg

[PR]
by atelier_cube | 2011-03-29 16:45 | 趣味

りすく・まねーじめんとりょく

朝8時過ぎに家を出て、田宮のタリーズで買った「アイス・ハニーミルク・ラテ」をチビチビやりながら、愛車と共に一路京都を目指していた。
のだが・・・。
c0132245_20175815.jpg

大きな観覧車の向こうに見える明石大橋の、アーチのトップに差し掛かる直前のこと。

突然「Check engine」のアラートランプが点灯し、アクセルを踏み込んでも80Km/hくらいまでしかスピードが出なくなった!
エンジンも何だかブスブスとノッキングしてる感じで、どうやら点火プラグ辺りが原因のような気がする。

とりあえず路肩に駐車して、10分ほど様子を見た後再び走り出してみると、んん?
・・・普通・・・。

なので、このまま行けるとこまで行こうかとも思ったのだが、相変わらずアラートランプは点灯したままなので、無理してエンジンを潰してしまってもまずいと思い直し、西宮でレンタカーを借りることにした。
そして、愛車は修理業者に回収してもらうということで、そのままレンタカー営業所に置かせてもらえることになった。

・・・というような経緯を掛かり付けのSオートのK社長に電話で伝えると、車は今日明日のウチにローダーで回収してくれると言う。
やれやれ、まずは一安心。
c0132245_2018235.jpg

その後、折れそうな心を奮い立たせながら、借りたヴィッツで再び京都へ。
c0132245_20185881.jpg

で、無事にJIA全国大会京都2009には間に合ったのだが、それにしても、自分の危機対応能力のスキルには自画自賛の2時間であった〜 ヘ(^∇^ヘ)
c0132245_20191830.jpg

[PR]
by atelier_cube | 2009-10-01 20:17 | 雑感

Welcome back !

待ちに待った愛車が、ついに帰ってきた。

今回の車検は、というか修理もあったため、何とも長かった〜。

しかし、おかげで3ナンバーを取得し、高速料金の1000円割引を受けることが出来るようになった。
これで、週末はもうじっとしてなどいられない。

さらに長年悩みの種だったエアコンの効きの問題も、今回はとうとう解決したようだ。
今までのぬる〜い効きがまるで嘘のように、ギンギンに冷えてくる。

とにかく、2週間預けていた甲斐があったというものだ。

早速、今週末はどこへ行こうか、はたまた来週は。
なんとも悩ましいことである。
[PR]
by atelier_cube | 2009-07-07 20:04 | 雑感

二度手間

俺の愛車は本来3ナンバーベースの四輪駆動車なのだが、排気量が5.2Lもあるので税金がバカ高い!
なので、少しでも節税できるようにとキャンピングカーの仕様で登録し、8ナンバーを付けていた。

しかし昨年の車検時、毎年車検を受けなければならなくなるものの、それでも2年毎の通算では8ナンバーよりも車検代+税金を低く抑えられる「普通貨物車」、つまり1ナンバーに構造変更して車検を受けてしまっていた。
c0132245_11425172.jpg

ところが、これが大失敗!

おかげで今回の、高速道路の通行料金が最大で50%OFFまたは上限1,000円という「休日特別割引」が適用されなくなってしまっていたのだ。

確かに、昨年の車検時にはそんな話は影も形もなかったのだから、入れ知恵をした修理工場の社長も、まんまとそそのかされた俺にも罪はない。
でも、悲しい・・・。

それならばという訳で、今年の車検を2ヶ月ほど前倒しして、今度は普通の3ナンバーへと戻すことにした。

「休日特別割引」は2011年3月27日までの期間限定とはいえ、3ナンバーになって税金が上がる分は充分に取り戻せるし、その後は環境と財布に優しいエコカーに乗り換えれば良いのだから。
[PR]
by atelier_cube | 2009-04-28 11:41 | 雑感

ぷろふぇっしょなりぃ〜

不調を訴えていた愛車のウォーター・ポンプを新品の物に交換し、夏場のオーバーヒートを避けるためにラジエターのクーラントを夏用のに入れ替え、ついでにエアコンのガスもしっかり充填し、すっかり固くなってしまってキュルキュルと不協和音を奏で始めていたファンベルトも切れる前に新しいのと交換し、減っていたエンジンオイルを入れ足して、さらにタイヤのローテーションまでやってもらって、作業完了まで1泊2日で約24時間。

その間、修理工場の社長が普段の足に使っているBMWを代車にと貸して貰ったのだが、これがまた、すこぶる具合が良いではないか。
c0132245_035161.jpg

走行距離は10万Kmをいくらか超えているので、多分10年余りは経過した車なのだろうが、エンジンも足回りにも全く経年による衰えを感じないのだ。

自分が乗るもんだからって、社長のK氏、スペシャルに整備の手間を掛けているのかも知れない。

それにしても、やはりドイツ車はしっかりと作り込んでいるなぁという印象はある。
それは、俺が24〜5年前に乗っていたBMWにも確かにあった同じ感覚だ。
c0132245_045058.jpg

さすがに、太ったメキシカンの工場長がコロナビール片手に検品しているようなアメ車じゃ、この精緻さは出せるはずがない。
まぁ、これは俺の勝手な思いこみではあるが・・・。

2日間をこのBMWのフール・プルーフな快適さと過ごすうち、このまま車を交換してくれてもいいのにとの思いが頭をよぎったが、修理の終わった愛車のデュランゴを走らせてみて、2日前との違いに気付いてはっきり解ったことがある。

やはり車は整備士の腕次第だということ。

"Gr Gott ! Herr K !
[PR]
by atelier_cube | 2009-04-11 00:04 | 雑感

お帰り〜。

水曜日の朝、部品が入ったって連絡があったので、デュランゴのセルモーターをカナヅチで叩いてなんとかエンジンを点火し、修理工場へ持ち込みました。

で、基本的に『修理』じゃなくて『交換』なので作業は簡単だったのか、昼過ぎには「出来たので取りに来てよ〜。」と電話が。
c0132245_3465541.jpg

月・火・水の3日間。
思ってたよりも早い問題解決となって、何よりです。

やっぱねぇ、移動の手段が無いってのは不便ですよ〜。
健康には良いんだろうけど、歩くったって限度があるしねぇ。

車もやはり10年を超えると、いろんなところにガタがくるもので。

乗るときには毎回、祈るような気持ちでキーを回さなきゃ・・・。
[PR]
by atelier_cube | 2008-11-14 03:47 | 趣味

またかよっ!

あららっ、今度はそう来たか〜。

愛車デュランゴのキーを回しても、カチッという切ない音がするだけで、エンジンに火が入らない・・・。
なんで?

思わず、「はんにゃ」の金田みたいなオドロキ顔をしたまま、掛かり付けのカードクターへ電話しました。
c0132245_7424726.jpg

状況を説明すると開口一番、「ほりゃセルモーターやなぁ。」とのこと。
「オーバーホールしたらイケるかも知れんけど、あかんかったら二度手間やし・・・、部品注文しとこか?」

「ちなみに・・・。」と、恐る恐るな俺。

「7万くらいと思うわよ。」

「ナッ、ナ・ナ・マ・ン・・・!」

「どうしようか?」

「じゃ、とりあえず注文しといて。・・・あっ、家内にはナイショな。」

なにが『とりあえず』なのか分かんないけど、ここ徳島じゃ、車が無いと何にも出来ないしねぇ。

おまけにタイミングの悪いことには、その修理工場の代車がみんな出払ってて、三輪車1台無いってこと。ってか、三輪車あっても借りないけど。

なので3日間ほどは、徒歩で移動可能なだけの活動範囲となります。
とほほのほ〜。
[PR]
by atelier_cube | 2008-11-11 07:43 | 雑感

Damn it!

気が付いたのは、確か3〜4日前だったような。
愛車のバッテリーが、何だかおかしな様子。

イグニッション・キーをひねる度に発する音が、その都度だんだん弱々しくなっていき、一昨日の昼前、なんとかエンジンはONしたものの、
「ウィウィ・・・ウ・・ィ」
・・・みたいな。
こりゃいよいよヤバいかな、と。

まぁ、考えてみれば、今使ってるバッテリーがいったいいつ交換した物かさえハッキリ覚えてないくらいだから・・・。
無理もないかな。
c0132245_03441.jpg

でも、迷わず交換です。
32,000円の出費!
痛たたたっ!

だって以前乗ってたチェロキーでは、真っ昼間、県庁前交差点の中央車線最前列で信号待ちしてるときに、突如「コトン」って感じでエンストしてバッテリーが終わってしまい、牽引車がくるまでの30分間は後続のドライバー達の怒りと嘲りに満ちた視線に耐えながら、まさに針のむしろだったもんなぁ。
しかも、時期は真夏!

それを思えば、事前に変調を気付かせてくれたデュランゴはとっても良い子。

やっぱり夏場は、電気系統のケアを怠っちゃイカンですな。

そういえばうちの爺さんは、何でもかんでもモノを買ったときにはマジックで購入日を書き込む人(それも、そのモノ本体に!)なんだけど、車のバッテリーに関しては、それも見習うべきかも (^_^;)

車でつながる今日のフォーカスは、これ。
"Mustang "Shelby" Eleanor GT350"

映画『60セカンズ』の中でこの「エレノア」は、主人公のメンフィス(ニコラス・ケイジ)にとってのユニコーン(憧れても、決して手に入らないモノとしての象徴)。
かぁっこ、いぃ〜〜〜〜〜!

でも、「車」たちがシアワセそうに輝いていたこんないい時代は、もう二度とやってこないだろうなぁ・・・。
[PR]
by atelier_cube | 2008-08-27 00:06 | 趣味

Marvelous!

連日のアメ車ネタつながりで・・・。
先日から入院中だった愛車のデュランゴですが、思ってたよりも随分早い11日の夕方、修理を終えて帰ってきました。これもひとえに、修理工場のK社長のアイデアと技術力の賜物と感謝しておりますよ。c0132245_8575419.gif

『ナックルアーム』に開いてる、9mmのネジ穴の山が潰れていた事が一番の問題となった今回のトラブル。
たった一箇所なんだけど、ダメなのねぇ〜。
『ナックルアーム』は鍛造部品のため熔けちゃうので、溶接で肉を盛って新しくネジ山を切るという作業が出来ないそうで、「最悪は交換」という宣告を受けていた訳なんですが、新たに10mmのローターサポートピンを製作して、『ナックルアーム』の潰れたネジ山を10mmにタッピングする事でハードルをクリアしたんだそうです。
おぉ〜っ、なるほどね〜。
c0132245_858224.jpg

なにやら、ニッポンの技術力の底力を垣間見た思いです!
っとまで言うと、やっぱ大袈裟?
[PR]
by atelier_cube | 2007-12-13 09:00 | 趣味

Dodge Challenger!!!

遂に、キタァ〜ッ!
お待ちかねのNew muscle、『Dodge Challenger』です!
c0132245_9292254.jpg

本国アメリカでの価格は$37,995からスタート。
日本じゃ並行輸入のため、シッパー費用や陸揚げのガス検費用やらが乗っかってくるので、乗り出しで600万円(!)ってとこでしょうか。

これじゃ全く手が出なぁ〜い!
指をくわえて「妄想ドライブ」するしかないよキック、ふわぁ〜っ・・・。
by日テレⓇ
c0132245_9295889.jpg
所有出来るかどうかはともかく、この艶めかしさは五感にドーン!でしょ。
発表された色はブラック、シルバー、オレンジの3色。
このオレンジはカッコイイけど頭悪そうだし、ブラックボディにシルバーラインは、これまたかなりワルそ〜じゃないですか。
となると、シルバーに黒帯かな。
ふむふむ、なにやらちょっと知的な香りもしそうな感じぃ?
って、妄想始まっちゃってますね、どうも・・・。

とりあえずは、画像眺めて溜息の日々ですねー。

必見↓↓↓
http://jp.youtube.com/watch?v=DEGkmYm6yAY
[PR]
by atelier_cube | 2007-12-12 09:32 | 趣味