ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

娘の試合

昨日、娘の出場する小学生のバレーボール大会があった。
娘はまだ5年生だが、この日の試合を最後に6年生は引退となる。
c0132245_11513189.jpg

俺が観戦した初戦では2セットを制して2-1で勝ったものの、2試合目は男子のチームと当たってしまい、惜しくも敗れたらしい。
小学生の大会事情に詳しくない俺は、さすがに男女混成で行われているとは知らなかった。

6年生が引退し新チームに切り替わるのを機に、毎年作り替えているユニフォームも来年は「赤」になり、この紺色のユニフォームで臨む大会もこれで最後だ。
c0132245_1152496.jpg

左のアタッカーを担う娘は来年、キャプテンマークの付いた「1」を着る。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-30 11:52 | 雑感

あらっ、ちんぷ

よくもまぁ、恥ずかしげもなく作れたものである。
というか、原題や映画のテーマ性はまったく違うのかもしれないが(当然見てないので、知らん!)、たぶん配給会社によってつけられたのであろう、この邦題がまさに噴飯ものだ。
c0132245_1153243.jpg

たとえ二匹目のドジョウを狙ったにせよ、いくら何でも限度があるだろう。
この他にも探せばいくらでも見つけられるが、ホント、きりがないくらい。
c0132245_11534096.jpg

もちろんこの手の姑息な手段で売ろうとするからには、タイトルの元となる作品がそこそこ有名でなければ話にならない。
でも、それゆえにチープ感倍増となる訳なのに…。
c0132245_1153535.jpg

とりあえず、
"Shame on you !"
とだけ言っておこう。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-28 11:54 | 雑感

IEG

IEGの藤野クンが、先日から始まっているロングラン・イベントの案内を持ってやってきた。
こりゃちょうど良い。
「飛んで火に入る夏の虫」とは、まさにこの事なのでは。

今取り掛かっている案件の基本設計で、家具の部分についての提案が何か出せないかを聞いてみよう。
っていうか、協力してもらおう。
というより、させちゃおう!

ってことで話してみると彼的にもウェルカムな返事だったので、それならば俺としても、若干の申し訳なさや後ろめたさは微塵もなく吹っ飛んだ。

藤野クンは若いけど、その分ポジティブなガッツと閃きやアイデア、そして何より行動力がある。
とりあえず、これぐらい褒めときゃイイかな。

で、IEGでクリスマスまでやってるイベントは、コレ
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-24 16:21 | 雑感

コレも。

ここ最近、マイブームなのが「ミスタードーナツ」。
なかでもとりわけお気に入りなのは、『ポン・デ・リング』と『エビチリパオ』。

どちらもモチモチの食感が新鮮で、『ポン・デ・リング』はハニーグレーズがたっぷりコーティングされていて、食べるほどに口元が緩む。
c0132245_1365549.jpg

一方の『エビチリパオ』は飲茶シリーズのなかの一品で、ブリブリしたエビが魅力の、期待に違わぬ味が◎。
c0132245_1372572.jpg

唯一の懸案事項であるカロリーも、225kcalと158kcalで若干軽めか。

でもって、最近じゃマックに刺激されてか、ミスドも本気モードのコーヒーをラインナップしている。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-23 13:09 | 雑感

reso_golfer

"A long time ago in a golf course far, far away..."

昔は、俺だってやってたのよ、の「ゴルフ」。
でもねぇ、練習大嫌いなもんだから、コースに出てるだけじゃてんで上達しねぇんでやんの。
で、上手くなんないもんだから、当たり前だけど、それほど楽しくない。
なので、「向いてない」ってことにしてきっぱり止めたのが、そうねぇ…10年くらい前、かな。

そして、ゴルフにおいては俺と同じような経緯を辿って休眠状態だった友人が、「人間関係の円滑化と地位向上」という仕事上の理由をスローガンに掲げて、アラフィーもなんのその、再び青いリングにカムバック!

頑張れ〜!ヒウィッヒィ〜!

エッ?俺?
俺はエエわ。やめときます。
c0132245_9521641.jpg

ゴルフやるならこんな感じの、旅先でのリゾートゴルフってことで。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-21 09:52 | 雑感

華道と茶道なヒト

考えてみれば好都合なことに、ウチには未生流師範で「浩甫」の華道名を持つ家内がいる。
なので、今回の『華道教室併用住宅』では、お知恵を拝借といこう。

…とはいえこの十数年というもの、実務の伴っていない「ペーパー師範」だもんなぁ。大丈夫なのか?
でもまぁとりあえず、知ったかぶりの素人よりはマシだろう。

そういえばその家内、茶道の裏千家師範の「お免状」も持ってるようで、名前は「宗浩」さん。
こちらも十年来の「ペーパー師範」だが、この先何かの手違いで、俺のところに茶室の設計依頼が舞い込んだ折りには、ぜひともお力をお借りしましょ。
c0132245_1756202.jpg

で、ちなみに俺は、茶席で出される「ふのやき」が大好物であ〜る。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-19 17:56 | 雑感

Travel Fever 2

南緯20°21′東経148°48′に位置する、美しい珊瑚礁のあるグレートバリアリーフに囲まれたハミルトン島は、ケアンズからドメに乗り換え1時間あまりの距離にある。

島内には、宿泊施設の他にコアラの抱ける動物園やイルカと泳げるプール、滑走路のすぐ脇にある射撃場や、山間に渡したワイヤーにぶら下がって滑空する「人間ロケット」的アトラクションなど、海と陸での各種アクティビティが満載で、友人達と滞在した6日間、楽しい時間は飛ぶように過ぎていった。
c0132245_18121910.jpg

白砂のホワイトヘブンビーチへのランチボックス付きのデイトリップや、ハートリーフへのヘリツアーなどのオプションもお勧め。
さらにグレートバリアリーフでのダイビングも、たくさんの色とりどりな熱帯魚に囲まれてテンションが上がること間違いなしだ。

大自然の中、野生のカンガルーが横切る島内はレンタルのバギーカーで自由に移動できるし、様々なショップやレストランの他にゴルフ場やカジノまであって、島内で全てのリゾートライフは完結する。
c0132245_18134171.jpg

今年前半、州政府が「世界一すばらしい仕事」と銘打って、このハミルトン島の管理人を募集したイベントが世界中を賑わせたことはまだ記憶に新しいが、俺も絶対にもう1度行きたい場所のひとつだ。

通年の平均気温は27.4°。
ホノルルのそれが25.1°であることを考えれば、時差もたった1時間しかないハミルトン島は今後もっとメジャー化してもいいはず。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-17 18:45 | 趣味

見積り合わせ

国府の『N-house』は、初回に提出してもらった見積金額がやはり予算をオーバーしていたため、A社には再度の調整をお願いしたのだが、と同時にこういうケースも想定して、B社でも相見積りをとることにした。

そうして出された2社の金額を比較すると、当初は特命の予定で進んでいたA社が再検討した見積金額の方が、B社よりも1割弱高いという結果になってしまった。

かなり厳しい予算を示していたので、それほど金額の開きはないかも知れないと思っていたのだが、あにはからんや、こんなに差が出るとは、である。

見積書の内容にはどちらも不備は認められず、今回のような場合、順当にいけばB社に決定ということになるだろう。
もちろんクライアントの意向を優先させるために、家族でよく話し合ってもらうことにして、結論は週末に持ち越しとなっている。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-16 18:29 | 仕事

Travel Fever

海外へ旅するとすれば、とりあえずビーチリゾートに行きたい。

ホテルのビュッフェでブランチを食べた後、ビーチやプールサイドで脳天気にカラダを灼きながら、頭の中が段々クルクルパ〜になっていく感じが好きだ。
お気に入りの音楽と本を傍らに、そして現地のビールを片手に、ときどき微睡んだりもしながら。

このスタイルを基本に、合間でパラセールやジェットスキーにダイビングなど、いろんなアクティビティで遊ぶ。
c0132245_16571038.jpg

くぅ〜〜〜っ、イイッ!

先月のバンコク行きからこっち、またぞろトラベル・フィーバーに浮かされているのだが、なにぶん子供連れともなるとどこかへ出かけるにしても、日程的にも経済的にもなかなか腰が重くなる。

それでもどうしても行きたいのなら、休みの合う友人を探して好きなときに行けばいいのだろうが、充電だのリフレッシュだのストレスからの解放だのと、いくら利いた風な理由を付けても、勝手気ままな旅から帰ってきた後で家の敷居をまたぐときのことを思うと、それもなかなかハードルが高い。

でも、行きたい!

例えば11月のグァムなんか探せば4日間で2万円しないツアーもあるんだから、もっとフットワークよく行動することに寛容になっていただくって訳には…いきませんよね、やっぱり。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-15 16:57 | 趣味

え〜っ、もう?

もうそんな時期?

ということで、B社から届いた案内FAXを皮切りに、今年もいよいよ忘年会シーズンの開幕である。

とはいえ厳しい景気を反映してか、その数は年々減少の一途を辿るばかり。
いわゆる「夜の街」も、年末でさえ曜日によっては閑古鳥の鳴き声が聞こえてきそうだ。

俺は家で晩酌をする習慣もないので、いよいよ酒は縁遠くなっていく。
別に困らないけど。
[PR]
by atelier_cube | 2009-11-13 21:12 | 雑感