ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

OPEN ! Sari Sari Cafe

苦節4年。
様々な紆余曲折を経てきた『Sari Sari Cafe』が、ついに引き渡しになる。
c0132245_2331461.jpg

長い期間中には、声を荒げてクライアントと意見をぶつけ合うガチな場面も幾度かあったが、それもひとえに、満足してもらえる建物に仕上げるという、ただひとつの目的のため。
今となっては、そんな時間のひとつひとつが愛おしい。
c0132245_2334161.jpg

テストドライブの後、グランドオープン予定は7月11日、大安の土曜日。

場所は福島小学校を北に曲がった、キョーエイ福島店の斜め前。
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-30 00:02 | 仕事

American joke

「宇宙で文字を書くという目的のために、NASAは『無重力状態で使えるボールペン』の開発に2,800万ドルを投じたが、ロシアでは、たった5セントの鉛筆でその問題を解決した。」

「大統領、大変です!ロシアが月を真っ赤に塗ってしまいました!」
「よし、それなら月に『コカ・コーラ』って書いてこい。」

う〜ん、良いねぇ、アメリカンジョーク。
なんか、ダンディ坂野が言ってそうな感じだな。

「世界で一番幸せな男は?」
「アメリカの家に住み、イギリスの給料をもらい、中国の食事をとり、日本人の妻を持つ男。」
「じゃあ、世界で一番不幸な男は?」
「日本の家に住み、中国の給料をもらい、イギリスの食事をとり、アメリカ人の妻を持つ男。」

そうなのか?
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-29 17:37 | 雑感

スタバでひと息

ちょっと意外だったが、だまされたと思って飲んでみた「ストロベリー クリーム フラペチーノ」は、なかなかどうして、美味いではないか。

ストロベリーソースがジャムっぽくなく、とってもフルーティ〜♪
まっ、もちろん甘いといえばヒジョ〜に甘いのではあるのだが…。
なので、ショートサイズがあってもいいかも。
c0132245_1483876.jpg

でも、暑いときにはフラペチーノ!でしょう、やっぱり。
蒸し蒸しで汗ダーダーなときの、この喉越しシャリシャリ感は格別である。
ただ、飲み終えた後のビジュアルは、お世辞にも美しいとは言えないのだけれど。

エスプレッソ系のビバレッジが美味しいのは当たり前だが、コーヒー以外の飲料系もなかなか侮れないスターバックス。
Bravo!

ってな感じに媚びてはみても、今後もここ徳島には、絶対に出店することはないのだそうだ。

徳島も軽く見られたもんだぜ、なぁ嘉門チャン  ̄\(−_−)/ ̄
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-28 14:09 | 雑感

Long time no see.

突然、目の前に昔の彼女が現れた。
喫茶店で。

俺は仲間とふたり、打合せをしていた。

昼前の店内は込んでいて、駐車場に駐められない車が、出入口の前を占拠している。
彼女はどうやら何人かの女性達と訪れていて、テーブルの空き具合を店員に尋ねているようだった。

一瞬、資料から目を上げた俺の視線が、彼女のそれと交錯した。
ほんの一瞬。

そしてすぐにまた、何事もなかったようにお互いの時間が流れ始める。

話し続ける仲間の声を聞き流しながら、俺は心の中で小さなガッツポーズを決めていた。
なぜなら、彼女はあの頃よりもほんの少しだけ、ふくよかになっていたから。
もしかすると、彼女も今の俺を見て、俺と同じように理不尽な優越感を抱いたのかも知れない。

俺は、今この場に仲間といることに、ひとりで座っていないことに、感謝した。

そして店を出た後、愛車を車検に出しているため借りている代車の軽四に、俺はこそこそと隠れるように向かった…。

なんだか小さいな、俺。
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-27 07:26 | 雑感

The Time Has Come.

c0132245_14425754.jpgその第一報を目にしたとき、さすがに何かの冗談かと思った。

しかし続報が報じられる中、時間が経つにつれ、それがまぎれもない残酷な現実だということを実感せざるを得ない。

「King of Pop Michael Jackson is dead at 50.」

マイケルは、彼が他の兄弟たちと一緒に『JACKSON 5』としてMOTOWN RECORDSで活躍していた頃から、80年代の「Beat It」、「Thriller」そして「Bad」の辺りまで、リアルに同時代性を共有できていたアーティストだった。

そして、その特異な言動ゆえ、90年代頃からはマスコミにもKinkyな扱いを受けるようになり、次第に孤独な存在感を強めていく。

本当の彼を知らないが、様々な報道から受ける印象では、無垢な純粋さがときとして自分をも傷つけることになっていたのかも知れない。

昨年あたりから「マイケル復活」の兆しを見せていた最中、12年ぶりのコンサートを間近にしての急逝はあまりにも無慈悲に過ぎる。

我々は、21世紀に歌い踊るマイケル・ジャクソンが見たかった。
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-26 14:45 | 雑感

VIVA ! 割引 !!

いつもの修理工場に、空きが出来るのを待ち続けて1ヶ月。
やっと車を取りに来てもらい、いよいよ車検だ。

高速道路の土日祝日割引の恩恵を受けるために、今回は再び構造変更をして3ナンバーに戻す。

簡単に試算すると、現在の1ナンバーとの差額で年間4万円程度の割引に該当すれば、それから先は「得をする」という計算なのだが…。

例えば、徳島⇄高知なら6往復。
徳島⇄神戸だと5往復。
少し足を伸ばして徳島⇄名古屋で4往復。
c0132245_21292536.jpg

1年でそれぐらいなら、利用するかな。
多分、利用するだろうな。
うん、絶対利用する。

ってか、利用しなきゃ!
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-25 21:29 | 雑感

グリコのクラッツ、新味の「メキシカンサルサ&チキン」2〜3粒を口に放り込んで、ガリガリボリボリと食感を楽しみながら食べていたのだが…。
c0132245_210399.jpg

「痛っ!」

どうやら、いわゆる「歯が浮いた」状態らしい。
右の前歯で、力強く噛むことができない。

原因は肩こりか、はたまた年齢ゆえの衰えか…。
いずれにしても、治療せねば。

傍らで笑う家内の、まるで獅子舞のような歯並びが恨めしい。

「噛む」といえば…、小学校の頃、鉛筆の尻をいつもガジガジに噛み締めているヤツがいた。
彼の筆箱の中の鉛筆は、どれも歯形でボッコボコ。
c0132245_2103291.jpg

たまに、何かの理由で彼に鉛筆を貸すはめになった友人は、帰ってきた鉛筆をしみじみ眺めながら死ぬほど後悔していたものだ。

「三つ子の魂百まで」とは言うものの、ああいうクセもきっとそのうち直るのだろう。
大人になってまでガジガジやってるヤツは、さいわいまだ見たことがない。

ただ、歯形の付いたビート板は、たまにプールで見かけるが…。
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-24 21:00 | 雑感

おにぎりPower!

その昔、ロータリーエンジンを搭載したバイクが存在した。

多分、最も有名なのは「Van Veen OCR1000」。
MOTO GUZZIのフレームに、「Citroen GS Birotor」と同じ水冷横置き2ローターのComotor624エンジンを搭載したモンスターマシンだった。
c0132245_21334281.jpg

中学生の頃、少年ジャンプで連載していた村上もとかの「熱風の虎」で初めてそのロータリーバイクを目にした俺は、すっかりそのマシンの魅力の虜になってしまった。

そして、その頃手に入れた「月刊オートバイ」か何かの雑誌の折り込みポスターを壁に貼って、毎夜その「Van Veen OCR1000」を眺めながら、空想の世界へとツーリングしたものだった。

時は流れ、僅か37台しか製造されなかった、その幻のロータリーバイクに跨ることはついになかったが、それから 10数年後、俺はロータリーエンジンを長いノーズに収めた「MAZDA SAVANNA RX-7 CABRIOLET」を手に入れることになる。
c0132245_21342232.jpg

[PR]
by atelier_cube | 2009-06-23 21:35 | 趣味

浄化槽と下水道と

さすがに100人槽ともなると、浄化槽埋設のために掘った穴も深い。

川が近く、現場が水路横でもあるために水位が高く、鋼矢板を入れて山留めした脇に集水溝と釜場で簡易な揚水井戸を作り、伏流水を汲み出している。
c0132245_1962542.jpg

浄化槽の埋設までには後数日かかりそうなので、その間の安全対策だけが気がかりだが…。

ところで、浄化槽の人槽算定基準、特に飲食店の場合の床面積に掛ける係数の遠慮の無さときたら、オーナーにとっては堪ったものじゃない。
仮に100㎡の広さだとすると、和食系の55人槽から最大は中華系の294人槽もの大きさになってしまう。
費用にして、ざっと200〜1,000万円前後といった感じだろうか。

でもこれは、公共下水の完備された地域なら全く必要のないコストである。

平成19年度末時点で、我が徳島県の公共下水道整備普及率は、わずか12.1%でしかない…。
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-22 19:06 | 仕事

UIA東京大会について…

日本建築家協会(JIA)四国支部の役員会に、徳島の他の役員と一緒に参加するため高松へ行ったのは昨日のこと。
2011年に東京で開催される「UIA(国際建築家連合)世界大会」の世界に向けたプレス発表と公式プレ大会を、来年の夏に高松でやる(!)ことを支部の総意として、そのための準備委員会発足に向けた話し合いがメインの会議となった。
c0132245_19505020.gif

しかし、それまでに残された時間はあまりにも少なく、やらなければいけない作業は想像以上に多い。
相関する全ての作業を漏らさず時間軸で整理し、役割分担をしっかりと決めて粛々と事を進めなければならないのは当然ながら、神の祝福をも招き寄せる幸運が必要となるに違いない。

おまけに、プレス発表と公式プレ大会が本当に高松で開かれることになれば、スイスから訪れるUIA役員や来日するであろう世界的な著名建築家を相手にする業務の全てはバイリンガルで行われるため、U50の支部会員の日常英会話の習得は必須と決まった。

どうする、どうなる、俺〜!
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-21 19:51 | 雑感