ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

<   2009年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

焦るっ。

10時半、山城で「STUDIO ATTIC」のS君にお願いしている店舗のロゴデザイン打合せに同席。
弟子のカーリー君のアフロ頭も、スクスクと育っているようだ。

わずか200Kcalの昼食後、14時からは小松島でモデルハウスとプロトタイプの打合せ。

その後、既にホシザキさんとハマヤさん同席で始まっていたカフェの打合せに、16時半から遅れて参加し19時まで。

今週後半は、腰を据えてマックの前に座らなければ・・・。

3日の現説に向け、Staff-Aも追い込み中。
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-31 20:25 | 仕事

本気カレー

今日は、午前遅くに沖浜近辺で用事があった。
それが片付く頃がちょうど昼前なので、近くに住む友人を誘って昼食を食べることにしたのだが、さて、何を食べようかと思案しているとその友人から
「チキンカレーの旨い店がある」との提案が。

よほどのことがない限り自分から進んでカレーを注文することなどない俺だが、今日は何となくスイッチが入ってしまい、友人の勧めるその「キルシュナ」という店で昼食をとることにした。
「キルシュナ」は、沖浜のレンタルビデオ店「チャーリーブラウン」の隣にあり、今は無き「フェレッシュネスバーガー」が営業していた場所だ。
「フレッシュネス」のベーコンオムレツバーガー、美味しかったなぁ〜。

っとまぁ、それはさておき「キルシュナ」。
日曜日の今日も、11時から15時まではランチタイムということでお目当てのチキンカレーはメニューに無いではないか。
書かれているのはAランチ、Oランチ、南インドランチ、キルシュナランチの4種類のみ。
仕方ないので、俺も友人も「太刀魚」と「野菜」の2種類のカレーが出てくるというOランチを注文することにした。

で、結論は、俺にとってインド人オーナーの作る本気の「太刀魚」カレーは酸味が強過ぎ、「野菜」カレーは辛すぎてどちらも口に馴染まなかった。

だが、単に俺が苦手なだけで友人はしっかりたいらげていたし、気がつけば店内もほぼ満席の状態になっていることからも、この味を指示するボリュームゾーンはちゃんと存在しているということを言い添えておこう。

なにせ、以前ホーチミン市を訪れた際には、パクチーが苦手で食べられるものがほとんど無く、4日間で3Kg痩せて帰国した俺のことなので、アジアン・フードはもともと苦手なのである。

ちなみに、インドはアジアなのか悩むところだが、南アジアという扱いのようです。
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-29 22:12 | 雑感

継続は、なんとやら。

毎朝、事務所のトイレを掃除する。
ここ1年ほど、欠かさずに行っている日課のひとつである。

掃除と言っても、「トイレクイックル」的な除菌シートで便座と便器を拭くだけなのだが、それでも毎日続けていると、INAXのCW-K31をセットした洋便器は、見た目ベストな状態をキープし続けてくれる。
日々、必ずそこで十数分は過ごさなければならない訳だから、とりあえずドアを開けたときにネガティブな感情が生まれることの無いように。

スタッフにも役割として週二回、帰り際のトイレ掃除をお願いしているが、そのときの負担は心身共に若干ながら軽減されているのではないのだろうか。
月曜日にでも聞いてみるとしよう。
何事も、実践と検証の積み重ねが大切であ〜る。

とりあえず俺の事務所のトイレは、今日もキレイだ。
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-28 09:34 | 雑感

新薬開発中

昨年の娘の結婚式では、来賓代表のスピーチをやってもらった知人のM社長。
健康関連商品も取り扱っている彼から、先日あるお誘いの電話がきた。

「人体実験に協力してください。」

???

「ジンタイジッケン?」

よくよく聞いてみると、どこかの酒造メーカーが開発中らしい、米だか麹だかを原料とした日焼け回復薬(?)の臨床データを集めるために、俺にも被験者になって欲しいというものだった。

まず二の腕の内側に5mm角程度の小さな日焼けを4カ所作り、4種類の薬液を朝晩それぞれ決められた場所に塗布をすることが俺に課せられた作業である。
そして、4〜5日ごとにその部分の変化を写真に撮るために、わざわざ代理店に足を運ばねばならないらしい。
期間は1ヶ月間。

う〜む・・・なんだか非常に煩わしいぞ。
あ〜MAXメンドクセェ〜!

しかし、覆水盆に返らず。
いっかいOKしちゃったもんなぁ〜 ε-(ーдー)
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-26 21:25 | 雑感

even

今日も、仕事では充実した1日を過ごした。
プライベートな予定を犠牲にした分、それに見合う以上の果実も収穫できそうだ。

なので、その余勢を駆って、仕事が終わってからのプライベートもゴリゴリ盛り上がるぞっと思っていたのだが。

残念ながら本日のラッキーは打ち止めという事なのか、夜の予定は敢えなく雲散霧消と相成った。

楽しみにしていたのだが・・・。
c0132245_2223617.jpg

何とは言えぬが、ホントに残念。
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-25 22:02 | 雑感

rare case

基本設計が固まりいよいよ実施設計にフェーズが移るのだが、その前に今朝、クライアントにお願いして設計監理契約を締結していただいた。

使用したのは、日本建築家協会発行の『建築設計・監理業務委託契約書』。
これは小規模建築向けにコンピレーションされたもので、俺のところで取り扱う規模の案件には、とても使いやすい。

もちろん契約に先だって、改正建築士法による『重要事項説明書』は既に交付済みである。

今回のプロジェクトは160平米ほどの飲食店舗の新築なのだが、3月の初旬に初めてクライアントと顔を合わせて以降、僅かに2回の打合せで基本設計がまとまった。

さすがにこれは、自分史上最速。
なので、いつも以上にモチベーションを高く維持したまま、突っ走れそうな気がする。
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-24 20:33 | 仕事

正義の使者!

公立の小学校に通う子供を持つ父兄として決して逃れることの出来ない宿命、それは立哨当番。
寒い日も暑い日も、当たり前だが大雨の日であっても容赦などしてくれない。
父兄会、恐るべし。

この辺りの校区の通学路では、朝7時半から8時10分までをスクールゾーンとして車輌規制の対象としている。
ただし、スクールゾーン内に家や勤務先のある人々には「通行証」が渡されていて、これを立哨当番に提示することでバリケードをどかしてもらい、聖域への立ち入りが可能となるのだ。

だが毎回何台かの車輌が、知ってか知らずか進入を試みる。
しかし、立哨当番としての責務を全うせねばならない俺は、甘い顔など見せるはずもない。
なぜならば、今朝の俺には子供達の安全を守る使命があるのだ。

「立哨」とは読んで字のごとく、「立って見張りをする」という意味である。
大辞林には「その位置を動かずに監視・警戒にあたること」とあるではないか。
当然、正義はOn My Sideであるのだからして、何も臆することはない。

カミカゼアタックをかけてくる不貞の輩に対しては、通学路と書かれた黄色い手旗を振り回し、両腕で大きく×印を示し進入不可である旨を伝えて一喝し、元来た道へと追い返すのみだ。

なぜなら俺の傍らには、「ご苦労さまです。」と優しく微笑みかけるお巡りさんがいる。
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-19 14:06 | 雑感

はぁ?

情けないぞ、侍ジャパン。

ダルビッシュの3失点を悔やむより、責められるべきはあまりにも不甲斐ない打撃陣だろう。

退場の城島に至っては、試合後の
「なぜ退場なのか判らない」
という間抜けな発言。

自分のバットを片付けずにベンチに下がったからに、決まっているではないか。
WBCのルールを知らなかったのか、忘れてしまったのか。
はたまた三振のコールに茫然自失ってことか。
いずれにしても、何をか言わんやである。
武士の魂たる刀を捨てて帰る侍など、いったいどこにいると言うのだ。

とにかく次のキューバ戦には勝って、まずは4強に肩を並べて欲しいものだ。

などと偉そうに憤慨してはいるが、俺はとりたてて野球好きという訳でもない。
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-18 23:13 | 雑感

でんわ

事務所で今まで使っていた電話は、当初からあまり具合の良いものでなく、子機がキンキンとハウリングして聞こえにくかったり、会話の途中で突然通話が切れたりと、実務上いろいろな問題点があった。

なので、とうとう耐えかねて、今回新しい電話に交換することにした。

ネットで購入し届いた電話はコレ、『プラスマイナスゼロ』のコードレス電話機。
c0132245_7504675.jpg

手に馴染んで持ちやすいのは、そのカタチもさることながら、なぜだか「ヌメッ」とした触感のある外皮のプラスチックによるところが大きい。

ホントに妙な質感だけど、でも俺は気に入っている。
ただ、使いやすいかどうかはこれからの話・・・。
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-16 22:26 | 雑感

「閑」中「忙」あり

昨日は「完全なオフ」だと言い張ったものの、とある事情で午後から高松へと向かうことになった。

午前中薄曇りだった空にも次第に晴れ間が広がり、暖かな日差しの下、走行車両も少ない高松自動車道を快適に走っていく。
c0132245_10452724.jpg

途中、津田トンネルを抜けた辺りから眼前に広がる瀬戸内海のパノラマはちょっとした絶景で、普段、自然に縁遠い生活を送る俺のココロに染み入って実に心地良い。
c0132245_10455765.jpg

用事を終えての帰り、瓦町のスタバでお気に入りの「シュガーチュロ」をゲットしようと立ち寄ったのだが、あいにく売り切れ。
仕方ないので、野菜不足を補うように「アスパラ&サーモンサラダラップ」で我慢した。
c0132245_10462263.jpg

でも、黒糖入りの「シュガーチュロ」はホントに美味いのだ!
[PR]
by atelier_cube | 2009-03-15 11:01 | 雑感