ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

MAMMA MIA!

大変!例の大ネコ『ルーちゃん』が逃げちゃいました。
家中の戸締まりをした後で、階段の辺りから鳴き声が聞こえていたのを最後に、朝にはどこにも姿が見えません。c0132245_8234584.jpg
戸締まりは完璧だったので、どこからも出られるはずもなく、
「ひょっとしたら夜ベランダに洗濯物を干してたときに、開けていたドアから外にでちゃったのかも」とは家内の弁です。
なるほど、考え得る可能性としては、どうやらそれ以外にないみたい。
もともと『外ネコ』的な飼われ方をしていたそうなので、家の中にずっといるのが窮屈で退屈だったのかもしれません。
なんとなく解るぞ、『ルー』!

次の日の朝、裏の家の、塀の上に佇む『ルー』を娘がベランダから発見。
しかし、呼びかけても近づいてくる様子はありません。
念のためにとベランダに置いてあった『カリカリ』は食べた形跡があったので、彼にも数日のことながら「ここで飼われてた」という認識はあるのかも。

果たして、このままエサだけを食べにくる『外ネコ』生活を送るのでしょうか。
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-30 08:24 | 雑感

No-No Boy

c0132245_0133141.jpg邦題『ノー・ノー・ボーイ』
ジョン・オカダ著、中山容訳、晶文社刊、2,835円(by amazon)
1957年に初版が発表されたこの小説は、日系アメリカ人文学の先駆けと称され、「アメリカ人でも、日本人でもない」日系アメリカ人達の、第二次大戦下においての国家や人種をめぐる苦悩がリアルに描かれています。
兵役を拒否した主人公イチローと、戦地での負傷が元で死の病に罹ってしまった親友との『アイデンティティ』の対比や、主人公のまわりの様々な人物との関わりの中で、「アメリカ人であろうとする」自分探しの旅が効果的なメタファーによって示されていきます。
我々には物語の背景にある公民権運動やエスニック・アイデンティティなどの、『時代の空気』は理解し得ないかも知れませんが、この本に描かれている本質的な「居場所のなさからくる虚無感」には共感できるかも知れません・・・。

c0132245_0141070.jpg
第二次大戦下のアメリカでは、17歳以上のすべての日系人が「忠誠登録」を強制されました。
「いつどこでも、アメリカ軍隊として戦闘義務を果たすか?」
「アメリカ合衆国に無条件の忠誠を誓うか?」
このふたつの質問に「ノー」と答えた1万3千人が、『ノー・ノー・ボーイ』として「不忠誠」のレッテルを貼られ、強制収容所へと送られたのです。
c0132245_0144556.jpg
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-29 00:15 | 雑感

心機一転2

c0132245_13461933.jpg先日の第1弾に続き、『心機一転シリーズ』第2弾!
ってコトで、今回は『Fax送信用紙』のデザインを変更してみました。
思い切って住所の表記を削ってみたんだけど、この方がスッキリして良い感じ。
なので、引き続きやりますよ、この『心機一転シリーズ』。
次回は名刺か封筒でも、やってみましょうかね。
まぁ、いずれにしても基本的には『自己満足』で片付くレベルの話なんで、「どうでもいい」っちゃぁ「どうでもいい」ですかね (∩_∩;)
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-28 13:46 | 雑感

His name has been decided.

先日から我が家に暮らすようになった、例の大ネコ。
ついに名前が決まったもようです。
末娘が命名したところによると、彼(雄ネコなので)の名は『ルーガ』って事になっているらしい。
ふ〜む・・・。c0132245_592217.jpg
どうやら彼女としてはこのネコがいたくお気に入りのようで、夕食時から寝るまでの間、「ルーちゃん」「ルーちゃん」と呼びかけては何かとちょっかいを出している様子。
しかしながらこの「ルーちゃん」もよくできた大人のネコっぷりで、適当に「にゃお」と鳴いて相づちは打つものの、子ネコのようにバタバタと遊んではくれません。
あまり相手にされないと、彼女の興味もやがて失せるかもね。
ところでさぁイカチャン(末娘の愛称)、「ルーちゃん」って呼ぶんなら、別に『ルーガ』でなくても『ルー』って名前でよいのでは・・・?
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-27 05:09 | 趣味

K氏参上。

昨日の夕方の事になりますが、とあるハウスメーカー代理店の店長K氏が、事務所に立ち寄ってくれました。
彼は若干(?)31才なんだそうですが、バリバリやり手の営業マンです。
c0132245_184266.jpg

が、らしくないトコがまた、好感度アップな訳ですよ。
建築の事や業界の事から、たわいもない世間話まで1時間程話しましたが、それぞれの話題の中に始めて聞くような事もいろいろあって、かなり興味深い時間を過ごしました。
まるで、コーヒー1杯で講演してもらったかのような・・・。
ちょっと得した感じの1時間でした。
サンキュー、K氏。
またいつでも、仕事も含めた『耳寄り情報』を携え寄って下さいね。
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-26 18:46 | 仕事

toto

なんだか今回、またもやえらい事になってるそうで・・・。
思わず買っちゃいましたよ『サッカーくじ・BIG』!
c0132245_16353031.jpg

今節のキャリーオーバーが約11億円強なんだそうな!
最高当選金6億円と聞いちゃぁ、そりゃ放っとけませんとも。
普段は「toto」の事など口に出した事のない友人までもが、話の端々に「toto」が「toto」がって言うもんだから、ついつい乗っかっちゃいました。
実は、俺も今回が初「toto」なんです。
で、こういう「キャリーオーバー大発生」の状況になると、俺みたいないわゆる『アマチュアtotoist』が全国的に大量にくじを購入するので、当選金総額もどんどん膨れ上がって、だからまた一層くじが売れて、って構図なんだろうねぇ。
でも「ロクオクエン」って・・・。
まるでピンとこない数字ですなぁ。
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-25 16:36 | 趣味

『茄子』

c0132245_1057205.jpg
『茄子』は月刊誌に連載されていたコミックで、茄子を共通の話題として展開する全3巻の連作短編集です。
この『茄子-アンダルシアの夏』は、その第5話と第6話にまたがるエピソードを2003年にOVA作品化したもので、世界3大ツールに数えられるロードレースの「ブエルタ・ア・エスパーニャ」を舞台に、主人公が生まれ育った村へとさしかかったときに起きるエピソードを描いています。
この作品では、自転車レースのペース配分やアタックをかけるタイミングの探りあい、またライバルとの温存する体力の削りあいなど、騙し合いと駆け引きに満ちた自転車レースの展開を印象的に表現し、主人公を取り巻く人間模様と合わせて非常に深淵な一級のドラマに仕上がっていると思います。
来月、この続編にあたる『茄子-スーツケースの渡り鳥』が、DVDとして発売されるそうで、とっても楽しみ♫c0132245_1058748.jpg
俺も昔、恥ずかしながら少しだけ自転車やトライアスロンをかじってたことがあるんで、自転車レースの醍醐味は理解してるつもり。c0132245_10584438.jpg
毎年フジテレビで夜遅く放送される「ツール・ド・フランス」も、涙なしには見られませんもん。
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-24 10:59 | 趣味

A cat came to my house.

昨日の夕方家に帰ると、居間でくつろぐバアサンの横にネコがいた。
c0132245_0253869.jpg

でっ、でかっ!
成猫じゃんか!子猫じゃなかったの?
っと驚く俺にチラと一瞥をくれて、その大ネコはまた、何事もなかったかのようにテレビを見てやがる。
c0132245_0261285.jpg

でも、よく見りゃちょいと『男前』じゃないかい。
エメラルドにもサファイアにも輝く瞳も良い感じ。
体のスポットもはっきり出てるし、雑種には違いないだろうけど、おまえはいったい何ネコ?
何故だかにわかに愛情が湧いてきたぞ。
でっかくたって全然オッケー! ヽ(^◇^*)/ 
ちなみに、名前はまだない。
なのにバアサンは、「タマ」とか「トラ」とか呼んでいる・・・。
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-23 00:26 | 趣味

Kitchen

DHP(Design House Project)というところのHPでやっている、『建築デザイナーによるキッチン施工事例特集』っていう企画ページに、『サニー美容室』のキッチンが載っています。
c0132245_0501758.jpg

他の事例はみんな住宅のキッチンばかりの中にあって、多少「浮いてる」感はあるやも知れませんが・・・。
「でもそんなの関係ねぇ〜っ!」です。
目指すは『独立独歩』、『コギトエルゴスム』でしょう、やっぱ〜。
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-22 00:50 | 仕事

和平工作?

長期に渡る我が家の『ネコ紛争』が、とうとう解決しそうな模様です。
なんでも、妻が猫好きの友人からもらってくるのだとか。
雄だけど去勢済みでおとなしい個体だそうで、トイレの躾もちゃんとできているって話です。
???
でも、ちょっと待ってよ。
何度も言ってるように、俺は『エジプシャンマウ』の可愛い子チャンがいいんですけど・・・。
あらら、唯一の味方であるはずの娘までが、「ネコいつくるん?」
「でも、『エジプシャンマウ』と違うんやって。かんまんの?」
「ネコだったらなんでもいい〜♪」
って、孤立無援じゃん!
という訳で、たったひとりのレジスタンスに、勝利の女神が微笑むことはありませんでした・・・。
果たして、いったいどんなネコがやってくるのやら。
モヤット・ボール』が手近にあれば、投げたいぞ〜。c0132245_18125655.jpg
[PR]
by atelier_cube | 2007-09-21 18:14 | 趣味