ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

どうも歳くうと「へんこつ」になっていけねぇやな。

朝、洗濯物を干しているとき、娘のTシャツに描かれた絵と文字が気になった。
「Hi,Betty」という文字があり、その下にはかすれた筆状の線で、キティちゃん的なイメージを想起させる絵が描かれている。

大型量販店で買ったらしい品なので、どこか労働賃金の安い国で生産したものなのだろうが、これを輸入したり、あるいは生産を企画したのは日本の企業ではないのか。
「Ketty」や「Kitie」のような直截なコピーではないからOKという話ではない。

なのに、こんな実態を看過したままで隣国の不正なコピーを糾弾してるなんて、全くもって噴飯ものだ。

…なぁ〜なんてボンヤリ思ってたけど、考えて見ればこういうことってあらゆる建物においても同じようなことが言えるのではないかしら。俺を含めて。

完全なるオリジナルなんてそう安々と生み出せるもんじゃないし、自分じゃそのつもりでいても、いつかどこかで見聞きしていたディテールだったなんてオチも多いかも。もちろん俺を含めて。
かといって、あまりにエキセントリックに振っちゃうと「あれれれ?」ってなこともあるだろうし、場合によっちゃ評価的大惨事ってな事態も招きかねないしねぇ。当然俺を含めて。

で、仮にそうした場合でも、幾通りもある方法論の中からその解を選択したことには、設計者なりの意味と理由がしっかりとある筈で、その表現が好きかどうかの判断はあっても、良し悪しは別の次元で語るべき、もしくは沈黙すべきことなんじゃないかな、とか思っちまう。

ということもあって、俺は「見学会」ってのが苦手ナノデス。
クライアントと俺、そしてスタッフの間でストーリーが完結したなら、俺はそれでいいや。
[PR]
by atelier_cube | 2010-07-21 08:55 | 雑感
<< 南下だけど、何か? 美味しくて人気の店。…でも >>