ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

美味しくて人気の店。…でも

屋号に、『串』の文字を使ってる店に行った。
正確には連れてってもらったんだけど、誘ってくれた知人も、今回が初めてだという。

で、コース料理を食べたのだが、品が進むうちにふたりともあることに気付いて、やがてどちらからともなく口をついて出た言葉が、
「串揚げ、出ないっすね…。」

いえね、料理はどれもそこそこ美味しくて特に文句はないし、お客さんもいっぱい入ってて、カウンター席もテーブル席もほぼ埋まってる感じです。
でも、待てど暮らせど『串』が出ない。

結局口にすることが出来た『串』は、エリンギだかなんだかのキノコ系のと海老パン、あともうひとつは何だったか忘れちゃったけど、計3本だけでした。
なので、何となく消化不良(おっ、うまく掛かってんじゃね?)気味に店を後にしたわけですが、実は気になってたことがもうひとつ。

それは、そこのマスターっていうか大将の従業員に対する物言いが、若干険しいってこと。
「〜しとけっ!」
「〜はどうなっとんなっ!」
「〜だろうがっ!」
…的な、罵声とまではいかないものの、普段の平穏な生活の中ではあまり耳にすることのないトーンと言い回しなもんで、オープンキッチンのカウンター席に座ってる身にとっちゃ、やはり聞こえる度に軽いショックで箸を持つ手が止まります。

あれは…どうなんだろうねぇ〜。
設計者としてはこういう場合、オーナーシェフの人物にまでフォーカスして考える必要があるのかしら。
「オープンキッチンにするの、とりあえずやめときませんか?」
みたいな…。
[PR]
by atelier_cube | 2010-07-18 09:24 | 雑感
<< どうも歳くうと「へんこつ」にな... Go Go Logans! >>