ブログトップ

We feel so good.

atcube.exblog.jp

浄化槽と下水道と

さすがに100人槽ともなると、浄化槽埋設のために掘った穴も深い。

川が近く、現場が水路横でもあるために水位が高く、鋼矢板を入れて山留めした脇に集水溝と釜場で簡易な揚水井戸を作り、伏流水を汲み出している。
c0132245_1962542.jpg

浄化槽の埋設までには後数日かかりそうなので、その間の安全対策だけが気がかりだが…。

ところで、浄化槽の人槽算定基準、特に飲食店の場合の床面積に掛ける係数の遠慮の無さときたら、オーナーにとっては堪ったものじゃない。
仮に100㎡の広さだとすると、和食系の55人槽から最大は中華系の294人槽もの大きさになってしまう。
費用にして、ざっと200〜1,000万円前後といった感じだろうか。

でもこれは、公共下水の完備された地域なら全く必要のないコストである。

平成19年度末時点で、我が徳島県の公共下水道整備普及率は、わずか12.1%でしかない…。
[PR]
by atelier_cube | 2009-06-22 19:06 | 仕事
<< おにぎりPower! UIA東京大会について… >>